HOME > お役立ちコラム > 合同会社設立の費用

合同会社設立の費用

今回は、合同会社設立の費用についてお話します。

当事務所にも
「合同会社を設立するには、最低限いくらかかりますか?」
「資本金はいくら必要ですか?」
といった費用に関するご質問をよくいただきます。
やはり、これから起業される方にとって、費用の事は非常に関心があるようです。

合同会社を設立する時に、必要な費用として
*定款に貼る収入印紙代
*法務局(登記所)での設立登録免許税
の他に
*印鑑作成代
*個人実印の印鑑証明書などの取得代
*資本金
があります。

以下にそれぞれご説明いたします。

*定款に貼る収入印紙代
  合同会社を設立する際ですが、作成した定款(原始定款といいます)は
 収入印紙(40,000円)を貼って保存します。
  収入印紙代(40,000円)ですが、当事務所にご依頼いただきますと、
  電子定款で作成できますので、必要なくなります。
  詳細は、「電子定款認証とは?」をご参照下さい。

*法務局(登記所)での設立登録免許税
  設立登録免許税は、資本金額の1000分の7の額になります。
  ただし、その額が60,000円未満の場合は、60,000円になります。
 (最低でも60,000円かかります。)

*印鑑作成代
 会社を設立する際、最低限会社代表印(法人実印)を作成しなければなりません。
 一般的には、会社代表印(法人実印)、銀行印、角印、ゴム印の会社4点セットを作成する方が多いです。
 費用は、材質などで違いますが、街のはんこ屋さんなどで約3~4万円位で販売しています。
 当事務所でも、印鑑屋と提携して市場より安くご提供させていただいております。
 詳細は、「印鑑」をご参照下さい。

*個人実印の印鑑証明書などの取得代
 社員(出資者)及び役員に就任される方の個人実印の印鑑証明書が1通必要です。
 印鑑証明書ですが、各市区町村役場で1通300円位で取得できます。
 なお、社員(出資者)に法人が就任する場合は、法人の謄本(履歴事項全部証明書)と
 会社代表印の印鑑証明書がそれぞれ1通必要です。
 謄本(履歴事項全部証明書は1通1,000円、会社代表印の印鑑証明書は1通500円で
  法務局で取得できます。

*資本金
 資本金額は1円以上で設立できます。

ただ資本金には、会社設立時の事業資金と規模を表すという面があります。
設立直後にすぐに売上や入金があればいいですが、無いと極端な話、文房具を買うお金も無いという事になります。
新規の取引先などが資本金1円だと、どう思うかということもあります。
また、融資を考えている方は資本金1円だと融資を受けるのはかなり厳しいと思います。
必要な融資額を考慮して資本金を決めるのも重要です。

ちなみに当事務所で設立される方の半分位は、100万円以下で設立されています。

以上、合同会社設立にかかる費用ですが、資本金の他に約10~14万円位かかります。

その他、専門家に依頼する場合はその報酬代や、事業によっては、許認可取得代などがかかる場合もありますのでご注意下さい。

お気軽にご相談ください。ご相談は無料です。

本店所在地を管轄する法務局で設立登記申請を行なった日(設立登記申請書類を提出した日) が会社設立日となります。
ただし、土・日・祝祭日・年末年始等の法務局が休みの日は設立登記申請が行なえません。大安やお誕生日など日を選んで設立される方はご注意下さい。

 

電話でのご相談はフリーダイヤル 0120-997-108個別相談会 予約フォーム24時間受付 メール相談はこちらをクリック

おのざと行政書士事務所

会社設立 マイスタイル(以下、「当サイト」)は、東京都中央区銀座の「おのざと行政書士事務所」が管理、運営を行っています。国家資格者である行政書士には、法律上、守秘義務が課せられています。これから起業しようとお考えの方は、どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。尚、当サイトのすべてのページにつき、無断の転写・転載は厳にお断り致します。