会社設立TOP > 合同会社設立 > 合同会社の設立費用

合同会社の設立費用

当事務所での合同会社の設立費用

当事務所では、合同会社を設立される方の為に
合同会社設立スタンダードコース
合同会社設立スピードコース
の2つのコースをご用意させていただいております。

◆合同会社設立スタンダードコースは、
  「自分1人で合同会社を設立する」
  「なるべく安く合同会社を設立したい」
  「すべて専門家に任せたほうが安心だ」
  「会っていろいろ相談したい」
  「設立希望日がある」
  という方にはぴったりのコースです。

◆合同会社設立スピードコースは、
  「とにかくすぐに合同会社を設立したい」
  「2人以上で合同会社を設立する」
  「すべて専門家に任せたほうが安心だ」
  「会っていろいろ相談したい」
  という方にはぴったりのコースです。

上記のサービスからご自分に合ったコースをお選びください。
ご不明な点などがあれば、お気軽にお問い合わせください。

法定費用について

合同会社を設立するには、資本金のほかに下記の法定費用などがかかります。
法定費用は、我々専門家に依頼しなくて、ご自身で手続きされてもかかります。

▲登記申請(法務局)・・・登録免許税(資本金額の1000分の7)
合同会社は最低6万円
郵便局か法務局で上記金額分の収入印紙を購入して収める。

合同会社の設立には、登記時の法定費用6万円と会社に保存する定款に貼る収入印紙代(4万円)の最低10万円の費用が必要になります。

当事務所へご依頼いただいた場合のメリット

当事務所では電子定款で作成していますので、会社に保存する定款に貼る収入印紙代4万円は必要ありません。法定費用が4万円安く設立できます!

詳しくは「電子定款認証とは?

その他の費用
▲個人実印の印鑑証明書の取得代・・・1通約250〜300円(各市区町村役場にて)
出資者は、1通必要です。
法人が出資者になる場合は、会社の謄本(履歴事項全部証明書)及び会社代表印の印鑑証明書がそれぞれ1通必要です。
▲会社の印鑑作成代・・・会社印鑑4点セットで市場価格約3〜4万円です。
会社代表印、銀行印は必要
会社角印、ゴム印はあれば便利です。
当事務所でもお得な会社印鑑4点セット(税込み27,000円)を販売しております。
▲会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)取得代・・・1通600円(法務局で取得)
設立後、各役所や金融機関に提出しますので、5通くらい取得したほうがよいです。
▲会社代表印の印鑑証明書の取得代・・・1通450円(法務局で取得)
設立後、必要になる場合があるので、3通くらい取得したほうがよいです。

以上、合同会社の設立費用として、資本金の他に約15万円がかかります。

その他、始められる業種によっては、許認可を取得する為の費用がかかります。

当事務所では、お客様の事業概要や今後の展望など詳細なお話をお聞きした上で、アドバイスをさせていただいております。
無料相談をお気軽にご利用下さい。

このページの先頭に移動

本店所在地を管轄する法務局で設立登記申請を行なった日(設立登記申請書類を提出した日) が会社設立日となります。
ただし、土・日・祝祭日・年末年始等の法務局が休みの日は設立登記申請が行なえません。大安やお誕生日など日を選んで設立される方はご注意下さい。

当事務所をご利用いただいたお客様の声をご紹介します。
一般社団法人設立もお任せ下さい!
お気軽にご相談ください。ご相談は無料です。
 

電話でのご相談はフリーダイヤル 0120-997-108個別相談会 予約フォーム24時間受付 メール相談はこちらをクリック

 

(C)おのざと行政書士事務所

会社設立 マイスタイル(以下、「当サイト」)は、東京都中央区銀座の「おのざと行政書士事務所」が管理、運営を行っています。国家資格者である行政書士には、法律上、守秘義務が課せられています。これから起業しようとお考えの方は、どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。尚、当サイトのすべてのページにつき、無断の転写・転載は厳にお断り致します。