会社設立Q&A

いままでに“会社設立マイスタイル”にお問合せの多かったご質問をまとめてみました。
ほとんどの方が会社設立は初めてだと思います。
どんなことでも、構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

Q
脱サラして独立を考えていますが、個人事業と会社ではどちらの方がよいですか?

A
簡単に始められるという点では、個人事業のほうが勝っていますが、社会的信用や税金面での優遇、経費の認められる範囲などは、会社の方がメリットが多いのも事実です。

こちらも参考にしてください。「個人事業との比較

Q
株式会社と合同会社では、どちらがいいの?

A
一概にどちらが良いとはいえません。
一般的には株式会社のほうが大規模で信用力のあるイメージがあります。
合同会社は新しいスタイルの会社として非常に注目されています。

こちらも参考にしてください。「会社の種類

Q
自宅を本店にして会社設立をすることはできますか?

A
はい、できます。
ただし、業種によっては、事務所の広さや場所などの規程があり難しい場合もあります。
また賃貸の場合などは家賃の何割かは経費とする事ができます。

Q
何日くらいで会社設立できまますか?

A
事前準備にもよりますが、最短で株式会社は7〜10日で設立可能です。

Q
会社員ですが、今の会社をやめずに、株式会社を設立する事はできますか?

A
はい、できます。
法律的には問題ありません。
ただ、現在勤務している会社の就業規則や社内規定などで、副業が禁止されている場合がありますので、ご注意ください。

Q
株式会社の設立を考えていますが、資本金は本当に1円で設立できますか?

A
はい、できます。
ただ資本金には、会社設立時の事業資金と規模を表すという面があります。
設立直後にすぐに売上や入金があればいいですが、無いと極端な話、文房具を買うお金も無いという事になります。
新規の取引先などが資本金1円だと、どう思うかということもあります。
また、融資を考えている方は資本金1円だと融資を受けるのはかなり厳しいと思います。
必要な融資額を考慮して資本金を決めるのも重要です。

当事務所では、お客様の事業概要や今後の展望など詳細なお話をお聞きした上で、アドバイスをさせていただいております。
無料相談をお気軽にご利用下さい。

このページの先頭に移動
 

電話でのご相談はフリーダイヤル 0120-997-108個別相談会 予約フォーム24時間受付 メール相談はこちらをクリック

 

(C)おのざと行政書士事務所

会社設立 マイスタイル(以下、「当サイト」)は、東京都中央区銀座の「おのざと行政書士事務所」が管理、運営を行っています。国家資格者である行政書士には、法律上、守秘義務が課せられています。これから起業しようとお考えの方は、どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。尚、当サイトのすべてのページにつき、無断の転写・転載は厳にお断り致します。Google+