TOP > What's New > 15.1.21

15.1.21

15/01/21

こんばんは、小野里です。

今日は非常に寒かったですね。
東京でも小雪がちらついていました。

こんな寒い中、株式会社の設立をご検討されている方にご来所頂きました。
今回は許認可を伴うご相談でした。

許認可や届出が必要な事業の場合、許可要件等を確認してから会社設立をするようにしてください。
会社設立後に、許可要件等がクリアーしてないと分かった場合、変更登記申請手続きが必要になる場合があり、余分な時間や費用がかかってしまいます。

当事務所は、許認可も含めた会社設立にも対応しておりますので、

 「この事業は許認可等が必要なのか?」

 「許認可の要件がクリアーできるか知りたい」

などの方も、ご相談下さい。

本日も、多くのお問い合わせやご依頼、誠にありがとうございました。

◆会社の設立日は、本店所在地を管轄する法務局で設立登記申請を行なった日(設立登記申請書類を提出した日)が会社設立日となります。

ただし、土・日・祝祭日・年末年始等の法務局の休日は設立登記申請ができません。
大安やお誕生日など日を選んで設立される方はご注意下さい。

今月の大安は、3日(土)、9日(金)、15日(木)、25日(日)、31日(土)です。
ただし、3日(土)、25日(日)、31日(土)は申請できませんのご注意下さい。

新規会社設立や設立後の各種変更などについてご依頼・ご相談がございましたら、どうぞ当事務所までお気軽にご連絡下さい。

全国対応の当事務所が一生懸命サポートさせていただきます。

本店所在地を管轄する法務局で設立登記申請を行なった日(設立登記申請書類を提出した日) が会社設立日となります。
ただし、土・日・祝祭日・年末年始等の法務局が休みの日は設立登記申請が行なえません。大安やお誕生日など日を選んで設立される方はご注意下さい。

 

おのざと行政書士事務所

会社設立 マイスタイル(以下、「当サイト」)は、東京都中央区銀座の「おのざと行政書士事務所」が管理、運営を行っています。国家資格者である行政書士には、法律上、守秘義務が課せられています。これから起業しようとお考えの方は、どうぞご安心の上、お気軽にご相談ください。尚、当サイトのすべてのページにつき、無断の転写・転載は厳にお断り致します。